FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高校生ウィークいよいよ明日から始まります!@ゴロゥ

こんにちは!
高校生ウィークのチラシイラストを描いたゴロゥです。
今回は会場マップも作成することになり、cafe1to1に3日から入り込んでいます。
もう会場もcafeのようになっていて(当たり前だけど)、
いよいよ明日が始まりということで、また1年がたったんだとしみじみ実感しています。

明日はひっそりと15:00にテープカットを行いますので(2人での予定)、
もし、お時間がありましたら参加して頂ければと思います。

では明日からの高校生ウィーク!cafeで会いましょう!

一番最初のお客様にはすばらしい笑顔でお迎え致します。

テーマ : アート・デザイン - ジャンル : 学問・文化・芸術

高校生ウィークの準備が始まりました

こんにちは。
毎年春に水戸芸術館で開催されるプログラム「高校生ウィーク」。
今年もまたその季節がやってきました。
2008年ははじめてブログページをメインに情報を発信していきます。
不慣れなところもあるかもしれませんが、よろしくお願いします。

テーマ : アート・デザイン - ジャンル : 学問・文化・芸術

高校生ウィークについて



【高校生ウィークとは】
高校生と同年代の方に気軽に現代美術に親しんでいただくために毎年開催される展覧会無料招待期間です。つまり高校生ならびに同年代の方は現代美術ギャラリーへの入場が無料なのです!
期間中ギャラリー来場者は誰でも利用できるカフェが開設され、ワークショップなどの企画を通じ、他校の生徒はもちろん来館者やボランティアなどとのさまざまな交流が生まれます。展覧会、カフェを通じて多様な価値観に出会う機会を提供し、高校生をはじめとする参加者が自ら考え、行動するきっかけになることを期待します。
「高校生ウィーク」は地域の学校や団体との協働、高校生や大学生を中心としたボランティアによって運営されています。
開催期間:2008年3月6日(木)→4月6日(日)
※月曜休館 対象:高校生、及び15歳~18歳の方 入場方法:年齢または学籍がわかる身分証明書を水戸芸術館エントランスチケットカウンターにご提示ください。期間中は何度でもご入場いただけます。

■過去の高校生ウィークの記録
2006年ちへい/cafe

【CAFE 1 to 1】



高校生ウィーク会場内 カフェ「1to1」

2008年3/6(木)~4/6(日)※月曜休館
開場時間:火~金15:00~18:00
     土・日・祝 13:00~18:00
会場:水戸芸術館現代美術ギャラリー内ワークショップ室
※一般の方はギャラリー入場券が必要です。

毎年ギャラリーの中に1ヶ月だけひらくカフェがあります。ひとりひとりの顔が見える場所。それぞれがおもいおもいの時間を過ごし、そして人とつながることができる場所。今年のカフェの名前は「1to1」(ワン・トゥー・ワン)です。セルフサービスのカウンターにお茶を用意しています。展覧会の鑑賞の合間にゆっくりとお過ごしください。高校生に限らずどなたでも無料でご利用いただけます。

ボランティアスタッフ募集!



カフェ「1to1」ボランティア・スタッフ募集中

カフェの運営は高校生や大学生を中心としたボランティアが担います。
ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。
お問合せ・お申込み:水戸芸術館現代美術センターTEL029-227-8120(担当米原万智)

【FREE PASS】について

購入した日から1年間、現代美術ギャラリーの企画展に何度でも入場できるお得なパスをご用意しています。
●ハイティーンパス「H.T.P.」1,000円/対象15歳以上20歳未満
●「おとなのパス」2,500円/対象20歳以上
※取り扱いは、水戸芸術館エントランスホールチケットカウンター

【SAWING】について




■エコースターとエコサージュ
 花を咲かせてゴミが減るプロジェクト

笠間市で活動するアートユニット、サターンプロジェクトが、縫製工場で洋服を作った後に廃棄される運命だった余り布を再利用したプロジェクトを提案します。

■日々の針仕事
会場にある布、糸等を自由に使って自分だけのオリジナル作品が制作できます。

テーマ : ART - ジャンル : 学問・文化・芸術

【SWEETS】について

【CAFE PROGRAM】
■おためし・いいとみ・えごまパン
茨城県立水戸飯富養護学校高等部農業班の皆さんが栽培した「えごま」入りのパンを焼きました。 週末のカフェで召し上がっていただけます。
※無料・限定数 ※3月中の毎週土・日

■ワークショップ「葛餅と草餅をつくろう」
茨城県立水戸農業高等学校の皆さんが準備した葛根とよもぎをつかって和菓子をつくり、春のお茶の時間を楽しみます。

日時:2008年3月20日(木・祝)13時~16時
会場:カフェ「1to1」
定員:10名(要電話予約・先着順)
対象:小学校高学年以上 ※小学生は保護者同伴のこと。
参加費:無料 ※別途、展覧会入場券が必要です。
申込締切:2008年3月18日(火)
※持ち物等:エプロン、動きやすい服装でご参加ください。

【BOOKS】について



推薦図書館
展覧会のカタログや美術書、雑誌などスタッフやボランティアがおすすめの書籍などを自由にご覧いただけます。

宮島文庫 「Peace in Art」
個展を開催中の宮島達男さんが来館者のみなさんのために選んだ本を閲覧できるコーナーが特設されます。

【ART WRITING】について

「アートについて書く」を切り口に、3つのプロジェクトを行います。高校生が作品に親しむばかりでなく、活動の中で出会う作家や他の鑑賞者との交流をつくります。

■高校生アートライター
高校生を中心としたメンバー13名による、高校生のための展覧会ガイド作成プロジェクト。2007年12月から活動を開始し、展覧会の鑑賞やワークショップを重ね、「宮島達男|Art in You」のギャラリーガイド完成をめざします。ガイドは、会期中の高校生などの鑑賞に活用されます。

■アートワークスギャラリーとの連携企画
「Artless ART展」
高校生が自宅にアーティストの作品を持ち帰り、一定の期間家の中に展示してその感想を綴ったレポートとその作品をともに展示します。 会期:2008年3月11日(火)~3月23日(日)
開廊時間:11:00~19:00 (最終日は15:00まで)
※3月17日(月)は休廊
会場:アートワークスギャラリー Tel.029-233-5620(水戸芸術館から徒歩1分)
出品作家:浅野はま江・石田泰道・稲葉朗・内海聖史・太田泰助・塩谷良太・鈴木奈津美・鈴木理恵・高鳥達明・武石堯・竹江都志子・立原裕子・中崎透・中村義孝・塙裕子・前川秀樹・槙野さやか・間島秀徳・村上孝子・毛利元郎
参加者:20名(茨城県立水戸第一高等学校10名、茨城県立水戸第二高等学校10名)

■アートレスアート in カフェ
「ArtlessART展」の出品作家20名の小さな作品がカフェ「1to1」の中にも登場します。カフェのお客様がお茶を飲みながら作品を眺め「アートについて書く」を楽しむことができます。

【ARTIST WORKSHOP】3



きむらとしろうじんじん「野点」水戸市大工町での様子2000 撮影:大谷健二

きむらとしろうじんじん
「野点デモンストレーション&妄想屋台相談会」 

「野点」は参加者が素焼きの器に絵付けをして、その場で焼きたての器を使いお抹茶が飲める旅回りのお茶会です。2008年11月に水戸市街各所で行われる「野点」に向けて、半年間活動するメンバーを募ります。「野点」本番のサポートだけではなく自分でも「オリジナル発明屋台」を制作して秋には一緒に街に出ることを目標に、「水戸散歩&屋台スポット探し」から「夏の屋台制作合宿」まで、制作全般に関わっていただくための第一歩です。

「野点デモンストレーション」(1日体験説明会)
実際に器に絵付けをして、「野点」の流れを見ていただきます。
日時:2008年3月27日(木)・29日(土)10:00~18:00
会場:水戸芸術館広場(27日)会議場前(29日)
対象:高校生及び「野点」屋台制作に興味がある一般の方
参加費:300円(お茶碗絵付け代)
※両日は同じ内容です。どちらかにご参加ください。
※当日直接会場にお越しください。
※予約不要

「野点ミーティング<秋に向けての妄想屋台相談会>」
日時:2008年3月30日(日)10:00~16:00
会場:カフェ「1to1」(予定)
対象:原則としてデモンストレーションに参加した方
※高校生以上の方が参加される場合は、別途展覧会入場券が必要です。
※予約不要



きむらとしろうじんじん「野点」水戸市大工町での様子2000 撮影:大谷健二


お問い合わせ・お申込みは
水戸芸術館現代美術センター TEL029-227-8120
〒310-0063 茨城県水戸市五軒町1-6-8

【ARTIST WORKSHOP】2



秋山さやかワークショップ「水戸のかたちをむすぶ」の様子 2007 撮影:金田幸三

秋山さやかワークショップ「水戸をくりぬく」

2007年11月におこなわれた「水戸のかたちをむすぶ」に続き秋山さやかさんを迎え、“フィールドワーク・クッキー”をつくります。 参加者の皆さんで水戸の街を散策し、そこで出逢ったものごとをテーマに、クッキーで「たべられる作品」を制作してみましょう。 作品を彩るお皿などもアレンジし、さいごにみんなでお茶のひとときを過ごします。 ひとりひとりの水戸のかたちを探し、くりぬく、ワークショップです。
 
講師:秋山さやか
日時:2008年3月15日(土)・16日(日)10:00~16:00
※両日は同じ内容です。どちらかにご参加ください。
会場:カフェ「1to1」+水戸市街
定員:各日12名(要電話予約・先着順)
対象:小学生高学年以上 ※小学生は保護者同伴のこと。
参加費:無料 ※別途、展覧会入場券が必要です。
申込締切:2008年3月12日(水)
※持ち物:エプロン、できれば愛着のあるティーカップ
※服装:動きやすい服装、靴

■ご予約はこちらまで
水戸芸術館現代美術センター:Tel.029-227-8120



秋山さやかワークショップ「水戸のかたちをむすぶ」の様子 2007 撮影:金田幸三

【ARTIST WORKSHOP】1

宮島達男 | Art in You 関連企画
「Death Clock at 水戸芸術館」

開催中の宮島達男展に展示している作品「Death Clock」は、人々に「生」「死」の意味を考えてもらうものです。カフェではこのプロジェクトに参加できるコーナーを設置します。完成したDeath Clockは、展覧会会場内に展示されます。

日時:2008年3月6日(木)~4月6日(日)15:00~18:00
会場:カフェ「1to1」
参加費:無料(予約不要) ※別途展覧会入場券が必要です。

【展覧会招待】について



観覧できる展覧会
宮島達男 | Art in You

宮島達男は「アート的体験、感動は、人間ひとりひとりの想像力の中にある」とするアート観「Art in You」を提唱し、活動の根幹としています。新作「HOTO」のほか国内4ヶ所で開催した環境・文化・平和に関するレクチャー、ワークショップを通じて制作した「Counter Skin」「Death Clock」を展示いたします。来場者が作品を通じて「生、他者、自己」をリアルに感じ、歴史や環境など、様々な局面における平和についての想像力を喚起する空間が生まれます。

会場:水戸芸術館現代美術ギャラリー
会期:2008年2月16日(土)~5月11日(日)
開館時間:9:30~18:00 ※入場は17:30まで
休館日:月曜日 ただし5月5日(月・祝)は開館
無料招待期間:2008年3月6日(木)~4月6日(日)
無料招待対象:高校生、及び15歳~18歳の方。
※中学生以下・65歳以上・障害者手帳をお持ちの方と付き添いの方1名は年間を通じて無料。
入場方法:年齢または学籍がわかる身分証明書を水戸芸術館エントランスチケットカウンターにご提示ください。期間中は何度でもギャラリーに入場できます。
※公式ウェブサイ ト http://artinyou.jp/


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。